© FUKATSU SHIGEFUMI COLLECTION All rights reserved.

プリント

20181/14

【深津演劇祭・第10弾は1日限定上演!!】Plant M『blue film』

プリント深津演劇祭、ひとまずの区切りとなる2018年1本目は、Plant Mによる名作『blue film』(2002年・桃園会第24回公演にて初演、2012年・2013年にも再演、コレクションⅡに収録)、なんと1日限りの上演です。
ところで、その上演日である1/17は遡ること23年前の1995年、阪神・淡路大震災の発生日です。自身は無事だったものの、兵庫県芦屋市の実家が全壊した深津氏にとって、阪神・淡路大震災はその後の深津作品に漂う喪失感や終末感を決定づけたと言えるでしょう。震災から7年後に発表された本作『blue film』は、ファンタジックな意匠を纏いながらも、『カラカラ』連作や『のたり、のたり、』等といった震災の影を扱った作品群の集大成であり、喪われていくものへの叙情が胸を打つ、深津氏の代表作の1つと言えます。2011年の東日本大震災後の記憶も伴った、再演・再々演の鮮烈な印象も記憶に新しいところではないでしょうか。
この名作に挑むのは、劇団Ugly duckling解散後、大阪を拠点に全国各地でフレキシブルに精力的な活動を展開している劇作家・樋口ミユによるPlant M。ベテラン・若手が入り混じったフレッシュな座組でのたった1日限りの上演、一部メディアなどで事前に告知されていたリーディング形式ではなく、通常の上演形式になる模様です。皆様、お見逃しなく!

※下記WEB媒体でも情報が掲載されております。そちらもご覧ください。
・ステージナタリー
https://natalie.mu/stage/news/259707
・毎日新聞WEB版
https://mainichi.jp/articles/20180111/ddf/012/200/013000c


Plant M
『blue film』

-たった一日きりの戯曲公演-

作:深津篤史
演出:樋口ミユ

■ 出演
出口弥生
中野聡(宇宙ビール
橋本健司(桃園会
堀井和也
ののあざみ
長谷川りか(VOGA)
河ヱ仁美(劇団ふぞろいぞろい
石畑達哉(匿名劇壇
西村智之(近畿大学舞台芸術専攻)
山田一幸(朱亜shu-A)
猿渡美穂(宇宙ビール
橋本浩明
大浦千佳

■ 日程
2018年
1月17日(水)18:00
※受付開始は開演の60分前、開場は30分前です

■ 料金
・前売:2,800円
・当日: 3,000円
・高校生以下:500円(前売・当日とも同料金)
※未就学児童の観劇はご相談下さい

■ 会場
アイホール(伊丹市立演劇ホール)
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2-4-1
TEL:072-782-2000
・JR伊丹駅前
・阪急伊丹駅より東へ 徒歩7分
・JR大阪駅より宝塚線利用 伊丹駅下車 15分
・阪急梅田駅より神戸線塚口駅乗換伊丹線 伊丹駅下車 22分
・国道171号線坂の下交差点より車で5分
・阪神高速豊中北出口より車で6分

■ スタッフ
[舞台監督]河村都(CQ)
[演出助手]江頭りか子
[照 明]山口星
[音 響]金子進一。(T&Crew)
[制 作]竹内桃子
[制作協力]尾崎商店
[主催]Plant M

■ 『blue film』とは
海沿いの小さな駅のホームに佇む、かがりという名の女性がひとり。駅長によると電車が事故のためで遅れているらしいのだが、何故自身がここに居るのかいまいち要領を得ない。そこに次々と現れる成長した名も思い出せない小学校の時の同級生たち、教師たち。駅で居合わせた、父親の葬儀の帰路らしい喪服姿の兄弟と姉。ポケットには取り壊しが決まった小学校最後の同窓会のハガキ。かがりはかつての同級生たちに導かれるようにして、自身がかつてスケッチブックに描いていた童話の世界に入り込んでいくが・・・
2002年、伊丹アイホールと三軒茶屋シアタートラムにて初演、2012年と2013年にも伊丹アイホールと下北沢ザ・スズナリにて再演された、深津氏の代表作の一つ。

■ Plant Mとは
2011年の劇団Ugly duckling解散後、劇作家・樋口ミユが立ち上げた旅人ユニット。樋口ミユが作・演出を担当することをコンセプトとし、大阪を拠点にしつつ、日本全国いろんなところでお芝居をする。
表現をたくさん付け足すのではなくて、削いで削いで残ったものが本当に必要なものと考えて出来るだけシンプルに演劇をする。最小のもので、最大の宇宙を創ることを夢想する。
樋口ミユは当時最年少で第7・8回OMS戯曲賞大賞を連続受賞。

■ チケット予約
WEB=http://ticket.corich.jp/apply/87367/

■ お問い合わせ(Plant M 樋口ミユ)
TEL= 090-9160-7847
e-mail=plant.miyu@gmail.com

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

f_engekisai_1c

20181/4

【深津演劇祭2018年上演予定団体・作品・日程まとめ】

一昨年秋より始まりました「深津演劇祭~深津篤史コレクション舞台編」。本年がひとまずのラストイヤー、3団体による3作品が上演予定です。 …

stage_69438

201711/17

【2017年の最後を飾る深津演劇祭・第9弾は来週から!!】遊劇体『のたり、のたり、』

残るはあと4作品となった深津演劇祭、今年最後の作品となる第9弾は、遊劇体による『のたり、のたり、』(初演:1998年、再演版がコレクションⅡ…

news_xlarge_rinkogun_wangansen_omote

20177/3

【深津演劇祭・第8弾は唯一の東京公演のみ!】燐光群『湾岸線浜浦駅高架下4:00A.M.(土、日除ク)』

早いもので深津コレクション全3巻刊行から、この7月末で1年が経ちます。数多くの作品が新たな命を吹き込まれてきた深津演劇祭・第8弾は、今回関東…

news_xlarge_kaerudenchi_flyer_omote

20175/28

【深津演劇祭第6弾・7弾は2週連続上演!その②】劇団太陽族『かえるでんち』

虚空旅団に続き、2週連続でウイングフィールドよりお送りする深津演劇祭・第7弾は、劇団太陽族による『かえるでんち』(初演:2001年、桃園会の…

news_xlarge_kisyuka_flyer_omote

20175/18

【深津演劇祭第6弾・7弾は2週連続上演!その①】虚空旅団『飛ぶ夢、アルベルト・キシュカについての短いお話』

今年はまだまだ続きます深津演劇祭、第6弾と7弾は、虚空旅団『飛ぶ夢、アルベルト・キシュカについての短いお話』・劇団太陽族『かえるでんち』、2…

ページ上部へ戻る