© FUKATSU SHIGEFUMI COLLECTION All rights reserved.

1

20172/23

【深津演劇祭、第4弾は追加公演決定】空の驛舎 『どこかの通りを突っ走って』

桃園会『ふっと溶暗~「断象・ふかつしげふみ」より~』、好評のうち無事全日程を終了しました。ご来場頂いた皆様関係者の皆様、本当にありがとうございました。

さて、続く深津演劇祭今年の第2弾は早くも今週末、空の驛舎「どこかの通りを突っ走って」(初演:2000年・深津コレクションには未収録)です。
なお既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、現時点で全公演完売につき、2月26日(日)18:00より追加公演を行うことが決定しております。
また、ポップカルチャー専門のウェブメディア、ナタリーでも紹介されておりますので是非ご覧ください。

演出を手掛ける空の驛舎の劇作家・演出家の中村賢司は、この深津演劇祭の発起人の一人であり、深津氏逝去後、桃園会としては初の公演となった第48回公演において、岸田戯曲賞受賞作「うちやまつり」再々演の演出にも関わっています。
中村は、かつては深津氏に劇作を学び、またメイシアタープロデュース『チェーホフ 三人姉妹』やAI・HALL+DIVE共同製作「オダサク、わが友」、桃園会「少女仮面」など、数多くの現場で演出助手として深津作品を支え続けました。
「うちやまつり」に続き、中村と空の驛舎が17年前の深津作品をどう現在に再生させるのか、ご期待下さい。


ウイングフィールド提携公演 常劇
空の驛舎第21回公演
『どこかの通りを突っ走って』

作/深津篤史
演出/中村賢司

■ 出演
石塚博章
三田村啓示
津久間泉
中村京子
河本久和
イトウエリ

コタカトモ子
阪田愛子
二宮瑠美
林田あゆみ(A級MissingLink)
松原佑次(遊劇舞台 二月病)

■ 日程
2017年
2月24日(金)19:30
2月25日(土)14:00/18:00☆
2月26日(日)11:00/15:00★/18:00◎

※◎の回において、全ステージ完売につき、追加公演が決定しました。現在予約打ち切りとなっている回から追加回に予約変更を希望される方は、「どこかの通りを・予約変更」とし、本文にお名前・変更前日時・変更後日時・枚数をご明記の上、tiketike2017[at]gmail.com(ほこき宛)にご連絡ください。変更完了致しましたら、こちらから折り返しご連絡させていただきます。当日券の情報は追って劇団ブログSNSにて発表致しますのでお待ち下さい。
※☆の回は劇団太陽族の岩崎正裕さん、★の回は虚空旅団の高橋恵さんをゲストとしてお招きし、終演後アフタートークを行います。
※全席自由。
※開演の40分前より受付および整理券発行。開場は開演の30分前。
※10歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください。
※演出の都合上、開演直後はご入場いただけない場合がございます。

■ 会場
ウイングフィールド
〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋2-1-27 周防町ウイングス6F
TEL 06-6211-8427

■ 料金
前売3000円
当日3300円
ユース(22歳以下)2000円
高校生以下1000円
※ユースの方、高校生以下の方は、身分証の提示をお願いいたします。

■ スタッフ
[舞台監督] 佐野泰弘(CQ)
[舞台美術] 岡一代
[照明] 池辺茜
[音響] 大西博樹
[宣伝美術] 松本ユウコ
[制作] 尾崎雅久(尾崎商店)・空の驛舎
カンパニーメンバー/山本彩

■ 『どこかの通りを突っ走って』とは
舞台は大阪北港。1年前に飛び込み自殺した友人の命日に集まった男女4人、離婚した妻を5年前の神戸の震災で失ったらしい小説家など、偶々居合わせた人々の前に立ち現われた、「不在」の依り代のような一人の女と彼らの一瞬の交感が描かれる。
初演は2000年、「うちやまつり」岸田戯曲賞受賞後第一作であり、伊丹アイホールと世田谷シアタートラムにて上演された。

■ 空の驛舎とは
2003年に劇作家の中村賢司を中心に結成。
「ヒトとヒトの関わりを大切にした劇世界の構築」と「矛盾を背負う人間のリアリティーの提示」を標榜し、日常に潜む現代社会の闇、ヒトの佇む姿を丁寧に描いた作品に定評がある。
座付作家の中村は『てのひらのさかな』で第10回OMS戯曲賞佳作、『空の驛舎』で第3回かながわ戯曲賞最優秀賞、『いちばん露骨な花』で第22回名古屋文化振興賞戯曲の部佳作を受賞。2013年、『追伸』で第20回OMS戯曲賞大賞を受賞。

■ チケット予約
WEB=https://www.quartet-online.net/ticket/soranoeki21
TEL=090-4766-8751(ナカムラ)
※留守番電話の場合は、お名前とご用件を録音してください。折り返し此方から連絡させていただきます。
E-mail=naken4saru[at]docomo.ne.jp
※E-mailご予約は件名を「どこかの通りを・予約」とし、お名前・ご来場日時・チケットの種類・枚数をご明記ください。 こちらからの返信をもって、受付完了とさせていただきます。

■ お問い合わせ
尾崎商店 尾崎雅久
TEL=090-3944-9902
e-mail=ozy51masy[at]gmail.com

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

news_xlarge_rinkogun_wangansen_omote

20177/3

【深津演劇祭・第8弾は唯一の東京公演のみ!】燐光群『湾岸線浜浦駅高架下4:00A.M.(土、日除ク)』

早いもので深津コレクション全3巻刊行から、この7月末で1年が経ちます。数多くの作品が新たな命を吹き込まれてきた深津演劇祭・第8弾は、今回関東…

news_xlarge_kaerudenchi_flyer_omote

20175/28

【深津演劇祭第6弾・7弾は2週連続上演!その②】劇団太陽族『かえるでんち』

虚空旅団に続き、2週連続でウイングフィールドよりお送りする深津演劇祭・第7弾は、劇団太陽族による『かえるでんち』(初演:2001年、桃園会の…

news_xlarge_kisyuka_flyer_omote

20175/18

【深津演劇祭第6弾・7弾は2週連続上演!その①】虚空旅団『飛ぶ夢、アルベルト・キシュカについての短いお話』

今年はまだまだ続きます深津演劇祭、第6弾と7弾は、虚空旅団『飛ぶ夢、アルベルト・キシュカについての短いお話』・劇団太陽族『かえるでんち』、2…

news_xlarge_oysters_uchiyamatsuri_flyer01

20174/20

【深津演劇祭、第5弾は本日から!】オイスターズプロデュース『うちやまつり』

深津演劇祭第5弾は、愛知県を拠点とするオイスターズによる「うちやまつり」です。本演劇祭唯一、東海拠点のカンパニーによる東海地区のみの上演とな…

深海魚初演チラシ

20174/16

桃園会次回公演のための『深海魚』ラボを立ち上げました。

桃園会では、来年3月の公演『深海魚』の戯曲研究のプロジェクトを立ち上げました。 基本的には公演参加者のみのクローズドな会ですが、 フェイ…

ページ上部へ戻る