© FUKATSU SHIGEFUMI COLLECTION All rights reserved.

stage_70997

20183/9

【深津演劇祭・ラストスパートの第11弾はあの衝撃作!!】あうん堂『五軒町商店街寄合会』

stage_reverse_70997約1年半に渡って続いてきた深津演劇祭もいよいよあと2作品、ラストスパートです。
あうん堂により上演される『五軒町商店街寄合会』(1995年初演、翌年再演、コレクションⅢ収録)は199Q太陽族(現・劇団太陽族)の河辺美樹氏が中心となったプロデュース567に書き下ろされたもので、初演時の高い評価を受け早速翌年に再演されています。当時の世紀末感にマッチしたであろう、肉が原因と思われる病気が蔓延している状況設定(BSE、所謂狂牛病が広く世に知れる遥か以前のことだった)と、カニバリズムを匂わせるハードな内容でありながら、こてこての関西弁で展開されるブラックユーモアの効いたタッチは深津作品の中でも異色作に数えられるかもしれません。
挑むのは深津作品との関わりも深いあうん堂。約4年ぶりとなる久々の本公演となります。これまで数々の深津作品に俳優として関わってきた主宰の杉山寿弥氏と関西屈指の強力な男優客演陣により、衝撃作が再び蘇ります。ご期待下さい。

※下記WEB媒体でも情報が掲載されております。そちらもご覧ください。
・ステージナタリー
https://natalie.mu/stage/news/264571
・毎日新聞WEB版
https://mainichi.jp/articles/20180308/ddf/012/200/024000c

※稽古場日誌も随時更新中です。
http://aundouyakusya.seesaa.net/


あうん堂第16回公演
『五軒町商店街寄合会』

作/深津篤史
演出/杉山晴佳

■ 出演
杉山寿弥
山田一幸(朱亜shu-A)
村尾オサム(遊劇体
金哲義(May
大沢秋生(ИEUTRAL
佐藤あい(コンブリ団
※ダブルキャスト
[A]仲村綾美(いるかHotel
[B]三村優里花(遊劇舞台二月病

■ 日程
2018年
3月16日(金)19:30[A]
3月17日(土)15:00[B]/19:00[B]
3月18日(日)15:00[A]
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。開演後のご入場はお待ち頂く事がございます。

■ 料金
・一般前売 2,800円
・一般当日 3,300円
・学生前売 1,800円
・学生当日 2,000円
※小学生以下無料(但し、予めご相談ください)
※日時指定自由席
※座席には限りがございますので、ご予約をおすすめいたします。また、ご予約で満席の場合はお席がご用意できない場合がございますのでご了承ください。

■ 会場
ウイングフィールド
〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋2-1-27 周防町ウイングス6F
TEL 06-6211-8427

■ スタッフ
[舞台監督]谷本誠
[舞台美術]佐野泰広(CQ)
[照 明]葛西健一
[音 響]あなみふみ(ウイングフィールド
[演出補佐]大竹野春生(第一次反抗期
[宣伝美術]勝山修平(彗星マジック
[制 作]秋津ねを(ねをぱぁく
[映像撮影]藤田和延
[協力]秋津食堂 CQ ウイングフィールド 第一次反抗期 彗星マジック ねをぱぁく 朱亜shu-A 遊劇体 May ИEUTRAL コンブリ団 いるかHotel 遊劇舞台二月病 杉山正治

■ 『五軒町商店街寄合会』とは
1995年、199Q太陽族(現・劇団太陽族)の河辺美樹が中心となったプロデュース567に書き下ろされウイングフィールドにて上演。翌年には早くもプロデュース567&桃園会として大阪・ウイングフィールド、東京・こまばアゴラ劇場にて再演。深津作品初となる東京での上演となり、共に河辺が演出を務めた。
舞台は元はレストランだったらしい雑居ビルの一室。五軒町商店街で起こった、肉が原因とみられる病気の影響で営業停止に追い込まれた焼肉店主と、4人の精肉店主がそこに集まる。事態を打開するために政府が出した究極の対処法を巡り展開される男たちのうだうだとしたやり取り。数ある深津作品の中でも一際ブラック・ユーモアの効いた怪作。

■ あうん堂とは
主宰の杉山寿弥の呼びかけにより演劇活動を行う団体。役者、スタッフが舞台に集中できる環境を提供し、より質の高い作品を完成するプロデュース形式の公演を目指して結成。スケジュールに追われて作品の質が落ちることのなきよう、丁寧に作品を造ることを心掛け、まず、“芝居をやりたい衝動”からスタートすることを第一に考える。
本公演が4年ぶりの公演となる。

■ チケット予約
WEB=https://ticket.corich.jp/apply/87587/

■ 問い合わせ先
TEL= 090-8379-4072
FAX= 06-7165-6896
e-mail=neopark01[at]gmail.com

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

0108b5e0a32686f92df7c86a67bea327-1280x1808

20183/25

【深津演劇祭・最後の作品は本日開幕】桃園会『深海魚』

約1年半に渡り数々の作品が上演されてきた深津演劇祭、遂に終幕です。 最後を飾るのは深津篤史を主宰・作・演出として、数々の傑作を世に送り出し…

f_engekisai_1c-e14692074451422

【詳細決定!】「深津演劇祭後夜祭〜深津戯曲を語る夜〜」開催のお知らせ

始まりあれば終わりあり。約1年半に渡る長い期間に渡り、数々の意欲的な上演が続いてきた深津演劇祭ですが、3月の桃園会による「深海魚」が最後の上…

プリント

20181/14

【深津演劇祭・第10弾は1日限定上演!!】Plant M『blue film』

深津演劇祭、ひとまずの区切りとなる2018年1本目は、Plant Mによる名作『blue film』(2002年・桃園会第24回公演にて初演…

f_engekisai_1c

20181/4

【深津演劇祭2018年上演予定団体・作品・日程まとめ】

一昨年秋より始まりました「深津演劇祭~深津篤史コレクション舞台編」。本年がひとまずのラストイヤー、3団体による3作品が上演予定です。 …

stage_69438

201711/17

【2017年の最後を飾る深津演劇祭・第9弾は来週から!!】遊劇体『のたり、のたり、』

残るはあと4作品となった深津演劇祭、今年最後の作品となる第9弾は、遊劇体による『のたり、のたり、』(初演:1998年、再演版がコレクションⅡ…

ページ上部へ戻る