© FUKATSU SHIGEFUMI COLLECTION All rights reserved.

fukatsu_karakara_2

20168/31

【深津演劇祭、開幕です!】コンブリ団その9 Re:ブリックス『カラカラ』

karakara_B

いよいよ今週末・9月より「深津演劇祭~深津篤史コレクション舞台編」の開幕です!
さて、早いもので深津篤史コレクション刊行からもうひと月が過ぎようとしています。既にご購入頂いた方、気になっている方、そもそも深津作品をリアルタイムで観る機会が無く最近初めて知ったという方…勿論様々な方がいらっしゃるかと思いますが、舞台上で鮮やかに蘇る深津戯曲の世界を、約一年以上に渡るであろうこの深津演劇祭で体験して頂けたら幸いです。

そしてトップバッターはコンブリ団による「カラカラ」(CollectionⅡに収録)の上演です。
なお全てのステージ後には、アフターイベント「深津戯曲を読む」を開催。若手・ベテラン問わず様々なキャリアの劇作家・演出家を招き、リーディング(!)及び深津作品の魅力についてアフタートークを行うという、演劇祭のスタートダッシュに相応しい好企画になっています!ご期待下さい。


コンブリ団その9 Re:ブリックス「カラカラ」

作:深津篤史
演出:はせひろいち(劇団ジャブジャブサーキット

■ 出演
中村京子(空の驛舎
広田ゆうみ(このしたやみ
田中遊(正直者の会
佐々木淳子(劇団●太陽族
香川倫子
はしぐちしん

■ 日程
※大阪公演
2016年
9月2日(金)19:30
9月3日(土)13:00/18:00
9月4日(日)11:00/16:00
9月5日(月)15:00

※三重公演
2016年
9月10日(土)15:00/19:00
9月11日(日)15:00

■ 会場
※大阪公演
ウイングフィールド
大阪府大阪市中央区東心斎橋2丁目1-27周防町ウイングス

※三重公演
津あけぼの座
三重県津市上浜町3丁目51

■ 料金
※大阪公演
前売・当日共/自由席
[一般]2,500円
[U-22]1,500円

※三重公演
前売・当日共/自由席
[一般]2,500円
[U-22]1,500円
[高校生以下]800円
※高校生以下の方は劇場で学生証をご呈示下さい。

■ スタッフ
[舞台美術]川上明子
[舞台監督]山中秀一
[照明]池辺茜
[音響]あなみふみ(ウイングフィールド)
[宣伝美術]橋本純司
[装画]中野ひかり(劇団ものありき)
[制作協力]尾崎商店
[主催]コンブリ団
[助成]芸術文化振興基金、アーツサポート関西、大阪市、京都芸術センター制作支援事業

■ 『カラカラ』とは
本作は2014年に46才の若さで亡くなった深津篤史の戯曲です。1月に阪神淡路大震災が発生した1995年5月に「芸術祭典・京」参加作品として京都の春日小学校跡地で初演され、その後ブローアップして同年8月に桃園会特別公演『カラカラ[改訂版]』として伊丹アイホールで上演されました。震災後の避難所を舞台にしたこの作品には、深津自身の想いが折り込まれています。震災時、大阪にいた深津は被災を免れましたが、芦屋市にある実家は全壊しました。「震災」がその後の深津戯曲において大きな位置をしめるモチーフとなっていく、その転機となった作品です。

■ コンブリ団とは
2001年に伊丹アイホールの企画である伊丹演劇ファクトリー卒業生と想流私塾の卒塾生が一時的に組んだユニット「みずくらげ」を経て、演出経験のある、はしぐちしんが参加。演出担当と言うことと、キャリアも含めて他のメンバーより経験があることで、代表となる。以後は作品の全責任をはしぐちが担う個人ユニットのスタイルに変更。
現在までの上演作品の全ての作、演出をはしぐちしんが担当している。
はしぐちしんは劇作家として「ムイカ」で第17回OMS戯曲賞大賞を受賞、また俳優としても第9回関西現代演劇俳優賞を受賞。

■ 「Re:ブリックス」とは
既存の戯曲をコンブリ団で上演する新シリーズです。
「身近な演劇の創造」を基軸としてはしぐちしんのオリジナル戯曲を上演してきたコンブリ団が、現代近代古典を問わず普遍性の高い戯曲を「身近な演劇」として今改めてRe:ブリックス=再構築していきます。

■ アフターイベント「深津戯曲を読む」
各回終演後に劇作家・演出家をゲストとしてお招きし、リーディングとアフタートークを予定しています。
リーディングでは深津篤史氏の様々な戯曲の中から、ゲストが読みたい、もしくはゲストに読ませたい作品をピックアップし、その一部をリーディングいたします。その後に深津戯曲の魅力についてのトークを行います。

※アフターイベントゲスト
・大阪公演
9月2日(金)19:30 土田英生(MONO)『海が私を嫌っている』
9月3日(土)13:00 高橋恵(虚空旅団)『のたり、のたり、』
9月3日(土)18:00 キタモトマサヤ(遊劇体)『のたり、のたり、』
9月4日(日)11:00 山口茜(トリコ・A)『夜毎の鳩』
9月4日(日)16:00 杉本奈月(N₂)『うちやまつり』
9月5日(月)15:00 FOペレイラ宏一朗(プロトテアトル)『覚めてる間は夢を見ない』
・三重公演
9月10日(土)15:00 天野天街(少年王者舘)『追奏曲、砲撃』
9月10日(土)19:00 門脇光平(カドワキ企画)・油田晃(津あけぼの座) 『blue film』
9月11日(日)15:00 平塚直隆(オイスターズ)『湾岸線浜浦駅高架下4:00A.M.(土日除ク)』

■ チケット予約
※大阪公演
https://www.quartet-online.net/ticket/karaosaka

※三重公演
https://www.quartet-online.net/ticket/karamie

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

news_xlarge_rinkogun_wangansen_omote

20177/3

【深津演劇祭・第8弾は唯一の東京公演のみ!】燐光群『湾岸線浜浦駅高架下4:00A.M.(土、日除ク)』

早いもので深津コレクション全3巻刊行から、この7月末で1年が経ちます。数多くの作品が新たな命を吹き込まれてきた深津演劇祭・第8弾は、今回関東…

news_xlarge_kaerudenchi_flyer_omote

20175/28

【深津演劇祭第6弾・7弾は2週連続上演!その②】劇団太陽族『かえるでんち』

虚空旅団に続き、2週連続でウイングフィールドよりお送りする深津演劇祭・第7弾は、劇団太陽族による『かえるでんち』(初演:2001年、桃園会の…

news_xlarge_kisyuka_flyer_omote

20175/18

【深津演劇祭第6弾・7弾は2週連続上演!その①】虚空旅団『飛ぶ夢、アルベルト・キシュカについての短いお話』

今年はまだまだ続きます深津演劇祭、第6弾と7弾は、虚空旅団『飛ぶ夢、アルベルト・キシュカについての短いお話』・劇団太陽族『かえるでんち』、2…

news_xlarge_oysters_uchiyamatsuri_flyer01

20174/20

【深津演劇祭、第5弾は本日から!】オイスターズプロデュース『うちやまつり』

深津演劇祭第5弾は、愛知県を拠点とするオイスターズによる「うちやまつり」です。本演劇祭唯一、東海拠点のカンパニーによる東海地区のみの上演とな…

深海魚初演チラシ

20174/16

桃園会次回公演のための『深海魚』ラボを立ち上げました。

桃園会では、来年3月の公演『深海魚』の戯曲研究のプロジェクトを立ち上げました。 基本的には公演参加者のみのクローズドな会ですが、 フェイ…

ページ上部へ戻る